オーストラリア留学、ワーキングホリデーの代行はオーストラリア留学のスペシャリスト・アイエス留学ネットワーク

留学Q&A

留学Q&A / 現地到着後編

現地到着後に必要な手続き、現地事情に関する質問です。

  1. シェアはどうやって見つけるのですか?
  2. シェアを探すときに気をつけなくてはならないことはありますか?
  3. オーストラリアで携帯電話が欲しいのですが・・・
  4. 現地でETASのビザから学生ビザに変更することって可能ですか?
  5. オーストラリアでの生活費はどれくらいですか?
  6. 現地のインターネット事情を知りたいのですが・・・
    ノートパソコンを持っていこうか考えているのですが・・・・
  7. オーストラリアの治安を教えてください。
  8. シドニーでは各々の季節でどのような衣服を用意したら良いでしょう

シェアはどうやって見つけるのですか?

シェア探しはインターネット、新聞などの情報を基に探すのが一般的です。シェア募集の掲示板がある日本語のサイトもあります。また、日本人以外の人と住みたい場合はSydney Morning Herald(シドニーモーニングヘラルド)のような現地の新聞の広告や、現地向けの不動産関係のサイトから探すことも可能です。その他、学校や留学センターなどの掲示板にも広告があります。日本人以外の人と住みたい場合はSydney Morning Herald(シドニーモーニングヘラルド)のような現地の新聞の広告から探します。その他、学校や留学センターなどの掲示板にも広告があります。日本人と住みたいという方には日本語のいくつかある月刊誌から探す方法もあります。

シェアを探すときに気をつけなくてはならないことはありますか?

お金が絡んでくる事ですので、ボンド(敷金)やレント(家賃)の支払いには領収書など書面で残るものをもらっておくことをお勧めします。その他、住む地域でも安全とはいえない地域もありますので知っている人に確認された方が良いと思います。特に女性の方は男の人だけの家に住むのは避けた方がいいでしょう。

オーストラリアで携帯電話が欲しいのですが・・・

オーストラリアでは海外からの留学生、ワーキングホリデーの方のほとんどがホームステイやシェアで自宅の電話を使う事が制限されたり、気を遣ったりする事もあり現地で携帯電話を持たれております。この携帯電話は日本へも国際電話がかけられ、また日本からもかけてくる事が出来ます。携帯電話の種類は大きく分けてプリペイドとレンタルに分けられ以下のような特徴があげられます。

  • プリペイド
    プリペイド式の携帯電話で、最初に機種本体を購入し、必要な分だけ通話料のリチャージカードを購入していく仕組みです。機種本体はレンタル携帯電話より通常高くなっていますが、リチャージの残高が無くなり次第、新しいリチャージカードを購入する仕組みなので、使いすぎ防止になります。
  • レンタル
    比較的電話機の機種が新しく、機種本体はプリペイドより安いものもあります。月々のレンタル料+基本料(プラン)+通話料という形になり、プランの中にフリーコールが含まれています。契約に際しては本人又は両親のクレジットカードが必要となります。

Nittel_Communic@tions (ニッテルコミュニケーションズ)

ニッテルコミュニケーションズはアイエスと提携のある携帯電話のレンタルの会社です。パスポート、クレジットカードがあれば簡単に手続きができます。クレジットカードは保証の為に必要となり、ご自身がお持ちで無い場合はご両親のカードでも可能です。その場合カード両面のコピーが必要となります。

住所Suite50, Level 5, 650 George St. Sydney NSW 2000
電話02 9264 0711
営業時間月~金曜日12:00PM~6:00PM

現地でETASのビザから学生ビザに変更することって可能ですか?

現地でビザの変更は可能です。学生ビザに変更する場合、最低2ヶ月前ぐらいから学校を探し始めた方が良いです。(まず学校を決めてから授業料を支払い、その間にビザを申請するのに必要な健康診断を受けたりしなくてはなりません。そして学校から入学許可書が手元に届いたら次は学生ビザの申請になります。ビザの申請はオンライン申請となります。)

オーストラリアでの生活費はどれくらいですか?

生活費は滞在都市や生活スタイルによっても異なりますが、アイエス留学ネットワークに登録されている生徒の方々からいただいた情報を元に平均的な生活費をそれぞれの項目別にまとめましたので、参考にして下さい。

  • 家賃
    ほとんどの方はホームステイ滞在後シェアという他の人との共同生活をされています。一部の方は自分でアパートを借りています。ちなみにシドニーでの平均家賃は、シェアの一室(一人部屋)で$130~$180(1週間)程となります。家賃は家の質や場所、駅からの距離などによって変わってきます。一例として、シドニーのシティ中心部から電車で15分程のエリアでシェアをしている生徒さんは、一人部屋で週$160の家賃を支払っています。シドニーのシティ中心部の場合はマンションが多く家賃が高いので一人部屋は少なく、一つの部屋を2人~3人でルームシェアをする形式が多くなります。
  • 交通費
    シドニーには主な交通機関として電車、バスとフェリーがあります。そのためこれらの3つの機関が乗り放題のトラベルパスと呼ばれる定期券がお得です。トラベルパスにはいくつか種類があり、自分の住んでいる町や行動範囲を考慮して購入される事をお勧めします。ちなみに、アイエスの生徒の方々がよく使われているレッドパスはマンリーエリアを除くシドニー市内より10kmの区間であれば電車・バス・フェリーが1週間乗り放題で$35です。(2008年8月現在)
  • 食費
    一般的な朝食、夕食を自炊する場合、1ヶ月$250~$350です。日本の食材は現地でも手に入りますが高いです。
  • その他
    携帯電話 $30~$100(1ヶ月)
    日本への国際電話 激安国際テレフォンカードなら1分¢2.5
    タバコ 1箱 $10前後
    ビール パブで$5前後。酒屋で購入した場合1本あたり$2前後

生活費 一例

光熱費$30(1ヶ月)
家賃$600
交通費$140(レッドパスを毎週購入した場合)
食費$250
携帯電話$50
ランチ$200
国際電話$10(激安国際テレフォンカード利用)
合計$1280(1ヶ月間) 日本円で約12万8000円(A$1=100円の場合)

※注意
これらの金額はあくまでも平均です。もっと少ない金額で生活されている方もいられます。又生活次第によってはこれ以上かかる場合もあります。

現地のインターネット事情を知りたいのですが・・・
ノートパソコンを持っていこうか考えているのですが・・・・

アイエス留学ネットワークでは日本語対応可能なパソコンをご用意しておりますので、シドニーへ来られる生徒たちへは無料サービスしています。また、アイエスのオフィス内では無線LANでご自身のノートパソコンでインターネットも可能です。近年はノートパソコンを日本から持参の生徒さんも増えておりますが、ワーキングホリデーの方でオーストラリア一周旅行などを考えておられる方は、旅先に持ち歩くのも不便ですし、安全面でもお勧めできません。ノートパソコン持参を考えている方は電圧100~240ボルト対応のものをお勧めします。(現在はほとんどのノートパソコンは対応できるはずですが、一応購入時に確認してください)プロバイダーによっては日本で加入し、海外でもアクセスできる場合もあります。又現地でプロバイダーに新規加入する事も出来ます。シェアの場合は、シェア先で無線LAN使用可能なところを探す方法もあります。

オーストラリアの治安を教えてください。

アメリカやヨーロッパと比べると、比較的犯罪が少なく日本とあまり変らなく安全な国として知られています。又夜7時以降は電車の中ではセキュリティの人が車内を見回っているため、夜も安心して公共の交通手段が使えます。ただし、日本でもそうですが、例え安全な国といえども治安がよくないという地域もあるため、そのような場所は必ずチェックをし、夜遅くに一人ではあまり出歩かないようにしましょう。

シドニーでは各々の季節でどのような衣服を用意したら良いでしょう

(平均最低気温-平均最高気温)

  • 春:9月、10月、11月 (10℃-23℃)
     朝晩は冷えますが天気が良い日の昼間はかなり気温が上がります。半袖のものに薄手の上着を用意する程度で良いと思います。
  • 夏:12月、1月、2月 (17℃-26℃)
    日本程湿度が高くないので気温があがってもそれほど暑く感じません。服装は日本の夏と同じ様な物で良いです。紫外線が日本の数倍強いのでサングラスと帽子は欠かせません。
  • 秋:3月、4月、5月 (11℃-24℃)
    春と同じです。
  • 冬:6月、7月、8月 (8℃-17℃)
    日によって暖かい日とかなり冷える日があります。雪が降ることはないので日本の冬よりはかなり暖かいです。薄手のトップに薄手のコートを用意すれば良いと思います。厚手のセーターはあまり必要ないです。

お問い合わせ・資料請求 学校申込みフォーム

HOME > faq > genchi

ページのトップへ戻る

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional