オーストラリア留学、ワーキングホリデーの代行はオーストラリア留学のスペシャリスト・アイエス留学ネットワーク

留学Q&A

日本出発前編

出発前に必要な準備に関する質問を集めました。出発準備の参考にして下さい。

  1. 海外旅行も1回しか行った事がなく、英語も学校を卒業してから全く使っていませんがワーキングホリデーで1年間やっていけるのでしょうか?
  2. どのようにお金を持っていけばいいでしょうか?又滞在中のお金の管理はどうすればいいでしょうか?
  3. オーストラリアに行くときに現金を持っていった方がいいですか?
  4. クレジットカードは必要でしょうか。
  5. オーストラリアではトラベラーズチェックを何処でも使うことが出来ますか?
  6. 航空券を探しているのですが片道と往復ではどちらの方が得でしょうか?
  7. 国際免許証は作った方が良いでしょうか。
  8. 海外傷害保険には加入した方が良いのでしょうか?
  9. パソコンを持っていこうと思っているけど変圧器とかは必要ですか?

海外旅行も1回しか行った事がなく、英語も学校を卒業してから全く使っていませんがワーキングホリデーで1年間やっていけるのでしょうか?

アイエス留学ネットワークでは「生活サポート」というサービスを提供しております。この中には24時間緊急連絡サービスや、シェアハウス、アルバイト探しのアドバイスなど英語が苦手な方でもこちらでやっていけるような沢山のサポートサービスが含まれております。また、出発前にはオーストラリア滞在中に役立つ「生活マニュアル」を無料で差し上げます。ホームステイ、銀行口座開設、在留届、移民局の手続き、シェア・アルバイト探しでの注意事項など現地生活に役立つ情報が満載です。海外が初めての方も安心して海外生活をスタートすることが出来ます。

どのようにお金を持っていけばいいでしょうか?又滞在中のお金の管理はどうすればいいでしょうか?

  • 円送金
    30万円以上のお金を日本から持って行く方は、一番安全でレートもお得なのが円送金です。
  • トラベラーズチェック
    トラベラーズチェック(T/C)は券面に印刷のされた小切手のことです。持ち主の本人のサインを照合する事でしか現金化されない為、紛失したり盗難にあった時でも再発行する事が出来ます。また外貨現金よりも安いレートで購入することが出来ますのでお得です。トラベラーズチェックを購入されたら直に2箇所のうちに一箇所だけにサインをして下さい。また盗難・紛失時の再発行は小切手のナンバーが必要になりますのでそちらを必ずメモして携帯されることをお勧めいたします。
  • クレジットカード
    現金を持ち歩かなくても済むという安全面だけではなくクレジットカードは身分証明の役割も果たしてくれます。オーストラリアではホテルやレンタカーの予約をする際、デポジット(保証金)としてクレジットカードの提出が必要な場合があります。カードが無いと保証金として多額の金額を求められることもありますので1枚作っておくことをお勧めいたします。特にVISAカードやマスターカードでしたらオーストラリア国内どこへいっても使えない所がほとんど無く便利です。

オーストラリアに行くときに現金を持っていった方がいいですか?

オーストラリア到着後、銀行口座を開設してからカードが送られてくるまでに7~ 10日ほどかかります。その間に使うお金は現金、もしくはT/C(トラベラーズチェック)でお持ちになった方が良いと思います。お勧めの方法としては資金の半分を円送 金し、その残りの半分~3/4をT/Cでお持ち頂き数万円を現金で持ってくる方法です。

クレジットカードは必要でしょうか。

クレジットカードは買い物で使用する目的以外にもホテルやレンタカーを利用する際に身分証明の役割を果たしますので必ず1枚は作っていただくことをお勧めいたします。

オーストラリアではトラベラーズチェックを何処でも使うことが出来ますか?

トラベラーズチェックは使用できるところが限られており、大きなデパートやスーパーでは使用できますが、ローカルの小さなお店では受け付けていないところもあります。また、使用の際には身分証明の提示が必要だったり購入する際に金額の上限もあります。ただし、トラベラーズチェックの利点は紛失、盗難にあったとき再発行する事が可能な点です。再発行にはトラベラーズチェックの番号が必要ですので、購入後は必ずトラベラーズチェックの番号を控えておきましょう。

航空券を探しているのですが片道と往復ではどちらの方が得でしょうか?

ご利用航空会社や出発時期、滞在期間によって、どちらのほうが安いかは異なります。近年は、日本帰国前に他の国によったり、当初の滞在予定を延長して学生ビザ延長やセカンドワーキングホリデービザを申請してオーストラリア滞在を延長される方も増えています。滞在期間がはっきりしない方や延長の可能性がある方は、片道航空券を購入した方が到着後も自由にプランを立てることができます。

国際免許証は作った方が良いでしょうか。

国際免許証は海外で通用する免許証で、これを取得する事によって海外で自動車を運転したりレンタカーを借りることが出来ます。また、国際免許証は身分証明証にもなり、現地で銀行開設をする際、タックスファイルナンバーを申請する際、パブで年齢を証明する際など、パスポート同様強力なID(身分証明)になります。(オーストラリアではパブでの年齢証明であってもパスポート、国際免許証等の公的なIDでないと認められません)運転する予定の無い方も取得する事をお勧めします。

海外傷害保険には加入した方が良いのでしょうか?

海外での長期滞在は何が起こるかわかりませんし、普段は健康な人でも海外生活でのストレスや食や気候の違いから体調を崩される方も少なくありません。海外旅行傷害保険は海外での高額な医療費に対しての保険となり、現地の提携病院では保険会社に直接医療費の請求が行き、キャッシュレスで治療を受けることができるサービスもあります。また、契約内容によっては携行品の盗難などもカバーされるプランもあります。必ず保険に加入することをお勧めいたします。

パソコンを持っていこうと思っているけど変圧器とかは必要ですか?

オーストラリアは240Vですのでパソコンが100V~240V対応のものであれば変圧器の必要はありません。(最近のパソコンはほぼ全て100V~240V対応となっています。)ただ日本とオーストラリアのコンセントの形状が違うのでハの字のソケットが必要です。

お問い合わせ・資料請求 学校申込みフォーム

HOME > faq > prepare

ページのトップへ戻る

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional