オーストラリア留学、ワーキングホリデーの代行はオーストラリア留学のスペシャリスト・アイエス留学ネットワーク

出発準備情報

必要な持ち物について

シドニーやメルボルンではたいていのものは手に入ります。その他の都市は日系の店などもない場合が多いので、日本製のものでいつもご自分が使われているものがある方は持って来られたほうが良いでしょう。ドライヤーはオーストラリアでそれほど高くなく手に入れることができますので、オーストラリアで購入されることをおすすめします。日本のものは変圧器が必要になるので注意。

  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 帽子
  • 折りたたみ傘
  • 虫さされ用の薬 
  • 胃薬(※ちなみにオーストラリアの風邪に日本の風邪薬は効きません。オーストラリアで購入されたほうがいいです。)
  • 爪切り
  • 目薬
  • 乾燥対策グッズ(とても乾燥しているオーストラリア。ドライアイ用の目薬、のど飴、うがい薬、ハンドクリームなどあると便利)
  • 電子辞書
  • 日本で購入した参考書 (使い慣れた文法書-簡単な会話集など。)
  • 証明写真(学校などで学生証として使用することがある)
  • 文房具(日本の物の方が質がいいので、筆記用具などは日本から持ってこられる事を薦めます)
  • パスポートや大事な書類、カード類を入れるマルチケース
  • オーストラリア電圧用プラグ
  • 水着
  • 歯ブラシ(オーストラリアのものはヘッドが大きいので磨きにくい)
  • ハードコンタクトレンズ用洗浄液(ソフトが主流のためハード用はあまり売ってない)
  • 洗濯ネット
  • ルームシューズ(スリッパ)
  • 国際運転免許証(運転される方、WHで2年目のビザを取られたい方でファームに行く予定がある方は必須)
  • SIMフリーの携帯(もしお持ちであれば)
  • USB(オーストラリアでも購入できますが、日本製のほうが良い)
  • イヤホン(日本製のほうが壊れにくい)

※シドニーに到着される場合は、スーツケースに収まらない荷物がある際は先に郵送して頂き、
アイエス留学ネットワークのオフィスで保管しておくことも可能です。希望者は一度お問い合わせください。
ホームスティなどをされる場合は下記のおみやげリストをご参考になさってくださいね。

http://www.study-au.com/workingholiday/index.php?100enquete


お問い合わせ・資料請求 学校申込みフォーム

HOME > prepare > item

ページのトップへ戻る

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional